流山で空き室ゼロ&自腹ローンなしの賃貸併用住宅を建てました

賃貸併用住宅を建てて20年経ちました。完済まであと数年になりました。アパート経営のノウハウや日常ををつづります。

賃貸併用住宅のキャッシュフローを大公開します

私の賃貸併用住宅は今年で築22年になります。

ハウスメーカーのダイワハウスで建てました。

軽量鉄骨なので地震でも安心です。

 

なんせ阪神淡路大震災でダイワハウスの家は

一棟も倒壊しなかったというのが現場監督さんの

自慢だったのを覚えています。真偽のほどは分かりませんが・・・

 

22年間ほんとうによく不眠不休で働き続けてローンを

払い続けてくれました。夫よりも働いくれますね。

 

土地は夫の生家だったので土地代はかからなかったので

約5000万円かけて母屋部分と賃貸部分4部屋の2階建の

賃貸併用住宅を建てました。駐車場も2台分あります。

 

f:id:benibon0917love:20170307104702j:plain

わが家のキャッシュフローを公開

 

新築のころは約30万円の家賃収入がありました。

ローンは月々にすると約18万円なので

毎月12万円のキャッシュフローがありました。

 

キャッシュフローとは現金の流れを意味し、

主に、企業活動や財務活動によって実際に得られた収入から、

外部への支出を差し引いて手元に残る資金の流れのことをいう。

 *1

 

 

年間で12万円×12=144万円も家計を支えて

くれました。なので建ててから10年後にした塗装工事も

問題なく支払うことができました。

 

 

徐々に自宅周辺のアパートなどとの家賃平均価格も

考えて値下げはありましたが、今でも約25万円の

家賃収入があります。

 

なので現在のキャッシュフローは

25-18=7万円あります。

年間84万円も別ボーナスが入るのはありがたいですよね。

 

あと数年したらローンが完済するので

25万円がまるまる入ってくる予定です。

所得税分は取っておかないといけませんが、

約300万円が夫の給料の他にキャッシュフローとして

一生年金のように入って来てくれるんです。

 

家賃収入があれば老後も怖くない!!

給料や年金は夫が退職したり、死亡したら0になったり

減額されたりしますが、家賃収入はほぼ定額で一生私を

支えてくれるんです。明るい老後ですね。

 

住宅ローンを全額払ってくれる上に、約10万円近くも

余剰を生み出す不動産投資って賃貸併用住宅しか考えられないと

思います。

 

それに、賃貸併用住宅を購入する土地や環境の選択さえ

間違わなければ不動産投資ビギナーでも私のような

素人主婦でも経営が可能だと思います。

 

私の賃貸併用住宅も先月から満室稼働率100%になり

毎日キャッシュフローを生み出し続けてくれています。

 

ローンが完済したら、夫の親と同居する予定なので

母屋部分も貸す予定なんです。すると・・・

25(月々の家賃収入)+10(母屋部分の家賃収入)

=35万円のキャッシュフローが見込まれます。

月々の年金が20万円だとしても家賃収入の35万円が

あれば月55万円あれば夫と二人なら十分暮らして

いけますね。

 

 

*1:ウィキペディアより