流山で空き室ゼロ&自腹ローンなしの賃貸併用住宅を建てました

賃貸併用住宅を建てて20年経ちました。完済まであと数年になりました。アパート経営のノウハウや日常ををつづります。

賃貸併用住宅は損しない不動産投資物件なのでしょうか

通常の不動産投資などは得したり、損をしたりすることが

あると思います。

 

アパート経営だと買った土地が値下がりしたり、

空き室が何部屋もあったり、ず~っと空き室が続いてしまって

ローンが払えなくなるといったことがあります。

買ったアパートやマンションが欠陥物件で修繕費が

膨大にかかってしまうことだってあるんです。

 

またマンションの部屋を貸すといった不動産投資は

一生土地は自分のものにはなりませんよね?

 

では、賃貸併用住宅はどうなのでしょうか?

賃貸併用住宅は中古物件というものはほとんど市場には

出回っていません。

 

f:id:benibon0917love:20170308232921j:plain

賃貸併用住宅は優良物件なのか

中古が出てもすぐに売れてしまうか、良質物件なので

オーナーさんが手放さないというのが実状だと思います。

 

なので賃貸併用住宅はオーナーさんが元々持っている土地を

利用して建てるか、賃貸併用住宅に向いている土地を探して

一から建てるという2通りの方法が主流です。

 

私の場合は前者です。夫の生家である約100坪の土地に

賃貸併用住宅を22年前に建築しました。

 

賃貸併用住宅なら都内でも130㎡以上の土地に建てることが

できてしまうんです。普通の一軒家をその大きさの土地に

建てるなら予算的にも躊躇してしまいそうですが、

住宅ローンを使えて部屋を貸すことが

できる賃貸併用住宅なら可能なんですよね。

 

新築で建てれば10年間の保障が付くのでその期間は大きな修繕費は

一切かからないです。

中古のアパートやマンションを買ったらいつ故障や大きな修繕費用が

発生するのか不安があります。

 

更にアパートの場合は頭金が必要ですが、賃貸併用住宅の場合は

頭金なし、自己資金なしでも建てることが可能です。

プラス住宅ローンで建てることができるので低金利で最長35年も

借りることができるので月々の支払いが家計を圧迫することが

ありません。

 

アパート経営だと別に住居を構えるケースが多いのでダブルでローンを

組まなければならないですが、賃貸併用住宅ならオーナーが住むので

ローンはひとつで済みます。

 

アパートを購入する場合は年収が700~800万円があって

勤めるている会社も信頼性がないとローンの審査が通りにくいです。

でも、賃貸併用住宅は住宅ローンが使える上に審査は比較的緩いです。

勤続年数1年以上の正社員であれば勤めている会社は審査対象には

なりません。

 

アパート経営もすですが、賃貸併用住宅にもサブリースシステムを

利用することができます。なので空き部屋問題を気にすることなく

本業の仕事に打ち込むこともできます。

 

10年保障やサブリースの契約満期を待って売っても都内の土地なら

資産を残すことだって可能なんです。

 

建てる立地や環境の選択さえ間違わなければ

賃貸併用住宅を建てて損するなんてことはないと思います。

 

22年間賃貸併用住宅を経営してきましたが身銭を切ったことは

1度もありませんでしたからね。私の場合は実体験が語っています。