読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流山で空き室ゼロ&自腹ローンなしの賃貸併用住宅を建てました

賃貸併用住宅を建てて20年経ちました。完済まであと数年になりました。アパート経営のノウハウや日常ををつづります。

賃貸併用住宅はおいしい投資ではない?

賃貸と併用の住宅を建てようと思った動機は何ですか?私の場合は、夫が夫の両親から土地を相続し、自宅を建てるには広すぎるし・・・と悩んだことがきっかけでした。そこにアパートを建てようかとも思いましたが、私たち自身も借家住まいでしたから自分の家が欲しかった。夫としっかり話し合って、将来には子供たちにも残してやれる「賃貸併用住宅」という形を選んだのです。ただ、最近は「うまい投資話」として賃貸併用住宅が語られることが多い気がします。実際に友人に会って賃貸と併用の住宅を建てたと言ったら「思い切った投資をしたね。」と言われたことがあります。確かに、投資という意味合いは持っています。しかし、投資目的だけならアパート経営でも良いはずです。そこに自分たちも住んでいるということが、投資とは言い切れない部分でもあるのです。

 

f:id:benibon0917love:20170314221324j:plain

うまい儲け話には罠があるかも?

おいしい投資には必ずデメリットや危険があることは私が言うまでもないでしょう。賃貸も同じで、家賃収入はメリットにもなりますが、住宅ローンの借入額が賃貸と併用する分増えているので、家賃収入が途絶えた時には死活問題になります。万が一、この周辺に「悪い賃貸だ」という噂が広まったら、空き部屋が増えてしまい家賃収入が途絶え、私たちの住んでいる部分まで手放すことになってしまう可能性もあるのです。投資と言えば投資です。ただ、そこにはリスクもあるということを忘れないで欲しいものです。

 

私の見解では、「併用」にすることのメリットで、お金が絡むことと言えば、「住宅ローンが使える」という点です。住宅ローンの安い金利は魅力です。ただし、投資というほど返って来るものが多いかというとそれを実感できるのは、ローンが終わってからでしょう。今は完全な資産ではありませんから、もう少し後で「お爺ちゃん大家さん・お婆ちゃん大家さん」になった時、この投資が上手くいったと心から思えるのだと思います。通常の住宅ローンの倍近くのローンを抱えることになりますので、投資というには危険が大きいかもしれません。簡単に収入を得たいと考えるのなら、中古物件を購入して賃貸経営した方がリスクは少ないです。賃貸併用住宅は残念ながらおいしいだけの投資とは少し違う場合があるかもしれません。