流山で空き室ゼロ&自腹ローンなしの賃貸併用住宅を建てました

賃貸併用住宅を建てて20年経ちました。完済まであと数年になりました。アパート経営のノウハウや日常ををつづります。

賃貸併用住宅のフルローンとオーバーローンって一体なに?

賃貸併用住宅の建築にかかる費用は、住宅ローンとしてローンを組むことができます。アパートローンと比較すると、良い条件で借りやすいという特徴があるだけでなく、色々なタイプのローンの中からニーズに合わせて選びやすいという点はメリットだと思います。

 

住宅ローンのフルローンとは

一般的に住宅の建設においては、頭金としてかかる物件価格の20%は現金で準備しなければいけないことが多いものです。しかし賃貸併用住宅の場合には、かかる物件価格の100%をローンでまかなうフルローンを利用することができるので、最初にまとまった資金を準備できない人でも賃貸併用住宅を建てることができます。フルローンを取り扱っている金融機関はたくさんあるので、ぜひ複数の金融機関を比較しながら、最も良い条件で借りられる所を見つけてくださいね。

 

f:id:benibon0917love:20170423153811j:plain

賃貸併用住宅のオーバーローンとは

もう一つ、賃貸併用住宅のローンの中にはオーバーローンがあります。これは、物件価格に必要な金額を借りるだけでなく、その際に発生する税金とか手数料など諸経費もすべて含めて借りるという方法です。最終的な借入金額は物件価格よりも高くなるという特徴がありますが、自己資金を投入せずに賃貸併用住宅をスタートしたいオーナー希望者にとっては、嬉しい借り方だと思います。ただし、オーバーローンはすべての金融機関で取り扱っているわけではないので、利用したい時には金融機関を探すことから始めなければいけません。

 

私の職場の同僚は、家の金額よりもローンが多く借りることができたので(オーバーローン)車(70万円の中古)も購入したと言っていました。駅から遠くて少し不便な場所に中古の家を買ったので、どうしても必要だったみたいです。ローンさえ返済できればOKみたいですね。

 

賃貸併用住宅の坪単価の目安は70万円程度と言われていて、ワンルーム一部屋を準備するだけでも500万円~700万円がかかります。複数のワンルームを経営したいオーナーにとっては、かなりの費用が最初にかかるわけですから、こうしたフルローンやオーバーローンを利用できることは、金銭的に大きな安心感になると思います。ただし、ローンを組むということは、その返済には利息が付くことになるので、返済額は借りた額よりもはるかに大きくなってしまうことは理解しておかなければいけません。借りる金額が大きくなるので、できるだけ低金利で借りたほうが賢いですし、金融商品によっては複数の借入方法から選べたりするので、色々な商品を比べたうえでピッタリのものを選ぶのが良いと思います。

 

また、キャッシュフローで余裕がある場合は100万円単位などで、ローンをどんどん繰り上げ返済してしまうというのも賢い方法だと思います。私も500万円プラス1000万円の合計で1500万円の繰り上げ返済をしました。その後のローン返済がぐっと楽になりましたよ!!