流山で空き室ゼロ&自腹ローンなしの賃貸併用住宅を建てました

賃貸併用住宅を建てて20年経ちました。完済まであと数年になりました。アパート経営のノウハウや日常ををつづります。

賃貸併用住宅のローンが繰り上げ返済が出来そうです

賃貸併用住宅を経営して22年目になりますが、ここで繰り上げ返済ができることになりました。

 

銀行と住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)から借りているのですが、残り年数の長い銀行のローンの繰り上げ返済をすることにしました。

 

これで、銀行のローンは完済になります!!

 

手続きは来週にならないと出来ないそうなのですが、これまでのプロセスをお知らせいたします。

 

詳しくは言えないのですが、まとまったお金が入ったんです。

 

車のローンに充てるかと思ったのですが、夫が手続きが面倒だとか言い出したので、賃貸併用住宅のローンの返済に充てることにしました。

 

銀行に電話して繰り上げローンについて聞いてみました

 

ローンを借りている銀行の支店に電話をしてみました。

 

一部の借り上げ返済なのか完済なのかを聞かれました。

 

完済ですと伝えると、電話したその日になら支払いが出来ると言われたました。

 

きっと返済の計算や期日に決まりがあるのでしょうね。

 

でも、その日にはまだお金がなかったので、支払いは少し先ですと言いました。

 

すると、今月(8月)の支払いが済んでからではないと繰り上げ返済は出来ないと言われました。

 

なので、まだ手続きは済んでいないのです。

 

繰り上げローン返済の支払い手数料は3種類ある

 

返済手数料は3つあると言われました。

 

窓口で手続きをお願いする場合は3万2千円、銀行のATMでする場合は2万1千六百円、そしてインターネットからなら1万6千2百円だそうです。

 

窓口では契約者本人しか出来ないと言われました。

 

夫は平日仕事を休めないし、ネットだと窓口の約半分の手数料で済みそうなので、もちろんネットから返済手続きをすることにしました。

 

手続きをしたら、また詳細をアップしたいと思っています。

 

簡単に出来ればいいのですが・・・