読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流山で空き室ゼロ&自腹ローンなしの賃貸併用住宅を建てました

賃貸併用住宅を建てて20年経ちました。完済まであと数年になりました。アパート経営のノウハウや日常ををつづります。

賃貸併用住宅のサブリースは救世主か悪魔との契約か

賃貸併用住宅のサブリースというのは、「不動産業者の一括借り上げ」のことで、オーナーにとっては空き室があってもなくても不動産業者から毎月一定額の家賃保証を受けられるという大きなメリットがあります。空き室問題で頭を悩ませているオーナーにとっては、大きなメリットで救世主的な存在にも感じられるシステムではないでしょうか。その他にも、借主から家賃の回収をしなければいけないとか、メンテの業者を自分で見つけて依頼するなどの手間がかからないので、安心して毎月安定した収入を得られるという安心感も、メリットだと思います。

 

サブリースにもメリットはある

さらには、もしも借主が問題を起こしたりしても、サブリースを利用していれば不動産業者が全て解決してくれるというメリットもあります。オーナーが出ていく必要がないという点は安心感ですし、弁護士などが必要なトラブルでも、すべて不動産業者が解決してくれるので問題ありません。全てお任せできるのが、このシステムの最大の魅力なのです。

 

ただし、賃貸併用住宅のサブリースについてはデメリットもいくつかあるので、利用する際には知っておいた方が良いと思います。まず、最初に契約する際には家賃の交渉などは不動産業者とオーナーの間で行うことになりますが、安定して良い収入が期待できるのは最初の2年ぐらいだけと耳にします。その後は、不動産業者がああでもない、こうでもないと理由をつけて家賃収入を低く設定されてしまうことが多く、オーナーにとってはどんどん収入が低くなってしまうことになります。これでは賃貸併用住宅オーナーにとっては、大きなデメリットになりますよね。

 

f:id:benibon0917love:20170418204404j:plain

サブリースはオススメしません

また、サブリースは、不動産業者が一括で管理やメンテナンスなどを行いますが、リフォームやリノベーションにかかる費用はオーナー側の負担となります。不動産業者がメンテ軟すを行う際には、オーナーに声をかけてくれるシステムとなっていますが、ここでオーナーが首を縦に振らないと修理や補修ができないことになり、サブリースの契約解除されるリスクがあります。オーナーにとっては、まだメンテナンスは必要ないと思う部分でも、不動産業者のアドバイスを聞かないと契約解除されてしまうので、必要以上の経費が掛かるということもあるのです。これもデメリットですよね。

 

私は、サブリース反対派です。賃貸併用住宅の部屋って最高あっても4部屋暗いだと思います。それを管理できないようでは、このビジネスには向いていないと思っています。私も何度が以前の管理会社からサブリースを勧められましたが、頑なに断ってきました。管理会社にうまい汁を絞りとられて、いいようにされるのは知っているからです。ビギナーの素人大家に比べてサブリース会社は海千山千です。勝てるわけがないんです。そんな勝負は最初からしません。主婦オーナーですが、無関心な夫は無視して自分で空き部屋問題を解決しましたよ!!私はサブリースは悪魔との契約だと断言します。信じるか信じないかは、あなたしだいですけどね。